menu

代表者の言葉

当社への入社を志望される学生の皆様へ

「SBSプロモーション」は、広告部門・保険部門・旅行部門を大きな柱とする企業です。[静岡県市場]を中心に活動する企業の方々には、成長維持のための提案を、そして静岡で生活している方々には、各部門を通じ、より快適な生活提案をさせていただき報酬を得ている企業です。

実体のある特定製品がなく、〔ひとくくり〕では表現しにくい企業です。私達は〈静岡のすべてを、他県よりぴかぴかにしたい!〉この思いの集団です。チャールス・ダーウインの{強いものが生き残るのではない。環境の変化に対応したもののみが生き残る}の言葉どおり、昨日・今日の延長線上に明日があるという意識では乗り越えられない時代環境です。

この環境下で、活動されている企業の方々・生活をされている方々へ、元気になれる、より一層頑張れるようなプレゼンテーションができたらと考えます。

静岡にこだわりたい!自ら発信し動き出したい!
自分の頑張りを「見える化」したい!
そんな気概をもった皆さんにお会いできることを楽しみにしております。

代表取締役社長 村田 潔春

求める人物像

人事担当者より

顧客満足度(CS)と従業員満足度(ES)。どちらも高いレベルでバランスを保ちながら、3分野(広告・保険・旅行)のソリューション活動を続ける少数精鋭集団です。

自分マーケティングの確立と、平常心での自己アピールを。

就職・採用活動は、学生と企業がベストマッチをめざすものです。
企業にその意思を伝えるためには、自分という人物をマーケティングすること、つまり、自分をみつめ・考え・ビジョンを構築するといった「自分マーケティング」が必要となります。企業からのメッセージを多角的に研究し、企業に自身の価値観を見つけられたら、「自分は何者か」をしっかり整理したうえで、本当の自分をきっちりとアピールするのがよいでしょう。

マニュアルにのっとった自分らしさ、小手先だけの自分らしさの表現は、とうてい企業の人事担当者に通用しません。魂胆のあることはうまくいかないもので、常と変わらぬ自分・平常心で志望する企業と向き合うべきでしょう。

訪問企業の仕事の実像をしっかりと掴み、自分の働く姿を重ね合わせ、5年後のビジョンを明確にしたうえで、「自分がやりたいこと」を丁寧に、しっかりと説明して欲しいと思います。

経営企画部人事課 田中耕二

SBSプロモーションが求める人物像とは。

“静岡県という地域の未来を創造する”という情熱を持った134人。
主張は多彩で、価値観も多様ですが、それぞれの個性を尊重しあう社風です。共通するのは、3つのマインド&能力をもっていること。
採用にあたっても、この点を最重要視し、人材を求めていくことになります。

主体的行動力のあるひと

クリエイティビティーが大切な仕事ばかりです。マニュアル化できる志事(しごと)ではないだけに、自ら考え、自ら問題点を解決するスタンスが必要。現状に満足せず、自律的に動くひとを求めます。

自分ビジョン構築力のあるひと

夢とビジョンを持ち、自分の目標をもつことが不可欠です。自分マーケティングできるひとを求めます。

仕事体力のあるひと

精神的な強さ、物事を前に進める推進力、壁を乗り切る頑張り、というように仕事を遂行する体力があるひとを求めます。